スターウォーズ7公開に先駆け、抑えておきたいそこん所。

こんにちは!
今日先輩の萩原さんのお客さんにスターウォーズについて熱く語りすぎて、「スターウォーズのまわし者」と言われた緒方です(^^)

そうです、この間スターウォーズを一気に観てから、スターウォーズ熱が冷めず、ずっと「フォースで鼻の先っちょのニキビ消えろ」とか思っている緒方です。

それはさておき!今度!!

  
スターウォーズエピソード7が公開になります!!!

今回の「スターウォーズエピソード7 フォースの覚醒」は新たなる3部作の1作目!!

あのディズニーがスターウォーズ製作の版権を獲得し、新しく描かれる本作は『エピソード6 ジェダイの帰還』(1983年)から約30年後を舞台に、“全く新しい愛と戦いの物語”が描かれるそうです(^^)

孫 悟空風に言うと、「オラ、ワクワクしてきたぞぉ!」といった感じですね!

なので今回は…

スターウォーズ7公開に先駆け、知っておきたい、あらすじをおさらいします!

まずスターウォーズシリーズですが、今まで6シリーズ出ています。

制作された年数がこちら
1.スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年公開)
2.スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年公開)
3.スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(08年公開)
4.スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(05年公開)
5.スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(77年公開)
7.スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(80年公開)
8.スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年公開)

つまりは、4→5→6→1→2→3→の順番なんですね(^^)
何故かというと…

エピソードIVの製作開始前から、ルーカスの頭の中には6部作全体(当時は9部作と言っていた)の大まかな構想があった。しかし、脚本を書くうちにあまりにも壮大な物語となってしまったため、映画として分割せざるを得ず、最初に最も完成度の高かったパートを三部作として公開することに決めた。これは同時に最も成功しやすいと思われるパートでもあり、事実、続編の製作に必要な資金を十分に手にすることができたのでした。

つまりは、予想外のヒットのお陰で続編、さらに続編と続いていったようですね。

エピソード4〜6

まずは、時系列的に先に公開されたこの3作品のあらすじですが…。

エピソード4
銀河系で、帝国軍(ダースベイダーとかもいる悪い奴ら)と革命軍(いい奴ら)がいる世界で、主人公のルークスカイウォーカーが革命軍のお姫様と宇宙のゴロツキのハンとかと一緒に、帝国軍の宇宙要塞をぶっ壊す話。

エピソード5
ルークはヨーダと呼ばれる仙人にジェダイ(超能力とか使える騎士)になる訓練を受ける。ちなみにルークはお姫様にデレデレだか、一方でお姫様は仲間のハンとチューとかしてる。そしてデレデレのお姫様がピンチになったので、修行を放置してダースヴェイダーと戦ってたら、彼が実の父親であると言われる。ルーク焦る。

エピソード6
デレデレだったお姫様が、次はルークの双子の妹だとダースベイダーに告げられ、またルーク焦る。が、ワンチャン狙う。ダースベイダーと皇帝(帝国軍トップ)に仲間になれと言われる。ルークは嫌だとダースベイダーの腕を切り落とす。皇帝激おこでルークを殺そうとする。が、ダースベイダーが急に親心を出して、止めに入る(てか皇帝殺しちゃう)。お姫様はハンとくっ付きハッピーエンドへ。

エピソード1〜3

可愛い可愛い、アナキンスカイウォーカー君。

  

世間のしがらみに揉まれ。 
立派なワルになる。 

と、いった話です。
ちなみに!

よく見かけるこの、R2D2(左)は何でも出来ちゃう便利なロボットで、C3PO(右)はただの翻訳ロボットですw  

C3POはダースベイダーが子供の頃に作ったロボットだというのは豆知識ですね。

他にも豆知識をいうと、うちの嫁に「スターウォーズ一緒観よう」と言ったら「月9観たい」と一蹴されました。

嫁的には”ハリソンフォード<山ピー”のようです。
  
こんな感じでw、皆さんも是非スターウォーズご覧ください(^^)

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*