親孝行。

こんばんわ!
息子の影響で、一番よく観るテレビは「アンパンマン」どうも緒方です!
  
どうも碧志君は僕のあぐらを椅子にしてテレビを観るのがお気に入りのようでして、結構タイミング関係なく座ってきます。

レッスンがお休みの日曜日は、そんな碧志君と触れ合える貴重な時間です。

 
(一緒にお風呂に入った後、裸でウロウロする碧志をあぐらに座らせるの図。)
   
(歯磨きデビューしたけど、うがいがまだ出来ないので、「グシュグシュ…ごっくん」してしまうタワケ碧志。)
 
(寝顔天使ェ…。)

ちなみに、今日のお昼はうちの母に見てもらっていたみたいて、碧志君も良い子にしていたみたいです。

公園デビューもしてきたらしく、初めての場所に碧志君は大興奮だったそうで…。
母共々とても楽しかったみたいで良かったです。

そして、ふと思ったんですが。
孫といる親の姿をみると「迷惑ばかりかけて何1つ返せてない自分」ですが、数少ない親孝行が出来ている気がします。

碧志君も少しシッカリしてきて人の区別がわかる時期になってきたんですが、ウチの親の事も勿論認知していて、まだ「慕う」とかいった感情ではないにせよ、ウチの親に会うと喜ぶし、笑顔を見せたり、向かって行ったりだとか、碧志君も特別な存在である事を理解しているのかなー。とも思います。

多分ウチの親も初孫という所で舞い上がってるところがあるんでしょうが、やはり他人の子供とは一線を介する可愛いさがあるみたいで、もうメロメロですね。

さらに、恐らく僕自身が「家庭を持った」というところに安堵感のようなものもあるみたいで、その結晶である孫といれるのがとても嬉しいのかなー。などとも。

また、こうして豊富な経験を持つ親に手助けしてもらいながら子育てしていくことで、「僕と母の親子仲」もより深まった気もしますし、やはり子供って本当に「授かりもの」と呼ぶに相応しい、素敵な贈り物だと思います。

  
お陰で以前よりもっと、家族みんなが明るく楽しくなったと思います。

碧志君、ありがとね。
これからの成長がより楽しみです\(^o^)/

今日のハイライト。 

 
今日嫁が夕飯に作ってくれた「野菜スープ」が異常なまでに蒸発したらしく、割と「浅瀬な野菜スープ」に変身!!

ちなみにスープをちょっと味見したら、アッと言う間に野菜だけになったので、クタクタのサラダとして美味しく頂きました!!

以上!また明日!!

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*